池田屋ランドセルの縫い目や素材の特徴!老舗の技術は本物?

牛革ベルト 購入前の下調べ

高品質のランドセルの製造・販売で名が知れている池田屋ランドセル。
では、なぜ池田屋ランドセルのランドセルは品質が良いのでしょうか?
その秘密が縫製や素材選びなど職人の技に表れています。
ここでは、池田屋ランドセルの品質について解説します。

池田屋ランドセルの会社概要と歴史/老舗鞄業者の沿革

池田屋ランドセルの素材・縫製のこだわり

1.牛革

牛革ベルト
一般的に高品質なイメージの牛革を池田屋ランドセルでは惜しみなく使用しています。

なぜなら、牛革は丈夫でランドセルの補強に非常に役立つから。6年間、使い続けられる頑丈なランドセルをつくるには欠かせない素材です。

牛革の中でも、特に品質が高いのが、イタリア製防水牛革

「イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ」や「イタリア製防水牛革プレミアムシンプルステッチ」、「イタリア製防水牛革プレミアムカラーコンビ」などの防水牛革シリーズでは、高級牛革をふんだんに使用。子供らしい愛らしさを残しつつも、どことなく上品さを漂わせるランドセルシリーズです。

また天然皮革としては、希少なコードバン(馬革)も採用しています。馬革は、皮革のダイヤモンドと呼ばれるほど貴重な物。ちょっと他の子とは違う高級感あふれるこだわりの逸品を求める人におすすめです。

防水牛革シリーズのランドセルについてもっと知りたい方は「池田屋ランドセルのラインナップと値段!今注目の鞄はコレだ!」もぜひ参考にしてください。

https://ikedaya-kaban.net/maedankai/rineup/

2.人工皮革

池田屋ランドセルでは高級な牛革を使いつつも、雨に濡れやすい箇所などは防水性に優れた人工皮革も併用しています。

池田屋ランドセルで使っている人工皮革の代表的なものがベルバイオとクラリーノ

ベルバイオは人工皮革にもかかわらず、牛革と同等の耐久性が特徴。また光沢感も上質で、まるで牛革のようでありながら、軽量性に優れているのが美点です。

クラリーノは、牛革のような風合いを持ちながらも、撥水性が高く、雨などの水に強いです。

両者の特徴を生かした、それぞれのランドセルシリーズを展開しています。

また背あての汗ムレ解消のため、池田屋ランドセルが独自に開発した「ピンホール人工皮革」を使用防水性・通気性に優れているため、夏場のイヤな汗ムレとはもうおさらばです。

ベルバイオ、クラリーノシリーズのランドセルについてもっと知りたい方は「池田屋ランドセルのラインナップと値段!今注目の鞄はコレだ!」もぜひ参考にしてください。

https://ikedaya-kaban.net/maedankai/rineup/

3.ナイロン樹脂パーツ

ナイロン樹脂パーツ
池田屋ランドセルではフックなどの部品に関してはナイロン樹脂パーツを採用しています。一般的には鋳物(いもの)タイプの金属パーツが使われていますが、金属パーツは割れやすく、案外耐久性に優れていなかったりします。そのようなトラブルを減らすため、袋掛け、変形防止版、背カン、キーループなどはナイロン樹脂パーツで支えています。

また子どもたちの安全性に配慮して、背カンによく採用される金属フックをナイロンループにしたり、車や遊具などに給食袋と共に巻き込まれる事故を防ぐため強い負荷がかかった時点で自動的に給食袋が外れたりするようにするなど工夫も凝らしています。

4.反射材

反射材
池田屋ランドセルが使っている反射材はマイクロプリズム式。これは一般的な鋲タイプの反射材よりも、耐水性や耐傷性に優れており、擦れても反射性能が落ちません。警察や消防などでも利用されている大変高性能の反射材です。

暗闇や見落としなどからお子さんたちを守りたいという親御さんの願いに応えて、高品質のものを採用しています。

また池田屋ランドセルの反射材はシール式。一見、固定式の方が良さそうに見えますが、固定式は劣化したとき容易に取り外しできません。対して、シール式は新しいものに替えるのが簡単。そのような利便性を考慮して、池田屋ランドセルではシール式を採用しています。

5.3本ステッチ

3本ステッチ
池田屋ランドセルでは、ランドセルの中でも特に壊れやすい肩ベルトを補強するため通常の2本より、丈夫な3本ステッチ仕上げを採用。3本にすることで糸切れの心配を不要にしています。

万が一壊れてしまったとしても、6年間修理は無料。それなので、やんちゃなお子さんでも安心して使用できます。

池田屋ランドセルのフックやロックなど10個のパーツの特徴と修理対応の評判

なぜ池田屋ランドセルのランドセルは高品質なのか

ここまで、池田屋ランドセルのこだわりの素材や縫製について解説しました。

では、なぜ池田屋ランドセルは子どもたちが使いやすく、丈夫な、安全性にも配慮した、高品質のランドセルを製造・販売し続けられるのか。

それは6年間の修理無料のアフターサポートを提供しているからです。

池田屋ランドセルでは、ランドセルを購入した人全員に6年間の修理無償サービスを保証。

そのため、「壊れてしまった」「水に濡れてしまった」「上手く部品を扱えない」など様々なランドセルにまつわる悩みや課題といった声が寄せられます。

それを基盤に、「次はこういうランドセルをつくったほうがいいのでは?」という時代に沿ったアイデアをどんどん提供していきます。だからこそ、現代の子どもたちに合った最適なランドセルをつくり続けることができるのです。

池田屋ランドセルの高品質ランドセルを購入するには?

素材や縫製など細部にまでこだわったランドセルは、池田屋ランドセルの「清水店」「静岡店」「浜松店」「東京銀座店」「大阪梅田店」「福岡博多店(2018年4月16日~9月30日までの期間限定オープン)」で購入できます。

また「近くに店舗がない!」という方のために全国各地で展示会も開催しています。

池田屋ランドセルの展示会や店舗情報については、「池田屋ランドセルの展示会と店舗情報を調査!鞄選びは直接足を運ぶこと!」にて詳しく解説しているので、参考にしてください。

https://ikedaya-kaban.net/maedankai/tenzikai/

まとめ

池田屋ランドセルの素材選びや縫製のこだわりについて分かりましたか?

池田屋ランドセルの軸になっているのは「子どもたちに安心・安全・快適な学校生活を送ってもらいたい」という思い。子どもたちの笑顔のためならば、大きな手間も惜しみません。

ランドセルは6年間使い続けるだけでなく、時には一生の思い出として残るもの。小学校時代の6年間を色鮮やかに残すためにも、ぜひ新生活のスタートであるランドセルは良質な物を選びたいですね。

https://ikedaya-kaban.net/kounyu-go/fuzokuhin/