池田屋ランドセルの付属品!購入後に付いてくるものは?

防犯ブザーのフック 購入後の知識

高品質のランドセルを製造・販売していることで有名な池田屋ランドセル。

もちろん、製品そのものも優れていますが、付属品を付けることで、さらにパワーアップ。
自分だけのオリジナリティあふれるランドセルへと変身させることもできるのです。

そんな子どもも喜ぶ、大人が安心できる機能が付いている付属品とは?ここでは、池田屋ランドセルの付属品についてお伝えします。

池田屋ランドセルのフックやロックなど10個のパーツの特徴と修理対応の評判

池田屋ランドセルの付属品3選

1.移動式防犯ブザーフック

防犯ブザーのフック
子どもたちだけで行動する通学路。安全な日本に住んでいるとはいえ、どのような危険が潜んでいるか分かりません。

そんな通学路での犯罪被害を防ぐ強力な味方が防犯ブザー。そんな防犯ブザーを付けるためのフックを池田屋ランドセルではランドセルの購入者全員にプレゼントしています。

池田屋ランドセルの防犯ブザーフックの特徴は、成長に合わせて付けやすい位置へと移動できるところ。移動式のため、左利きのお子さんでも楽々扱うことができます。

いざというときに防犯ブザーが手の届かないところにあったら意味がないですよね。そのような事態を防ぐためにも、お子さんにぴったりの場所に防犯ブザーフックを付けてあげるようにしましょう。

2.反射シール

反射シール
薄暗い夕方など、背の低いお子さんは見えづらいことが多いです。それが原因で、交通事故に巻き込まれてしまうケースも。

そのような事態を防ぐために、現在、普及しているのが反射シールたとえ暗闇のなかを歩いていたとしても、シールが光を反射してキラキラと輝くため、人がいることが車やバスの中からでも分かりやすいです。

池田屋ランドセルでは、反射シールを購入者全員にプレゼント。またデザインもハートと可愛いので、お子さんも喜んでランドセルに貼ってくれること間違い無しです。

3.型押しイニシャル

型押しイニシャル
イタリア製防水牛革プレミアム半カブセを除く、ランドセル購入者にイニシャルを刻印。

ただでさえ新しいランドセルは嬉しいものですが、かっこいいイニシャルが刻印されることでさらに愛着が増すお子さんも多いはず。

きっと「自分のものだから大切に扱おう」という意識が子供ながらに芽生えるはずです。

池田屋ランドセルの別売りパーツ

購入したら全員(一部除く)がもらえる付属品以外にも、「子供のランドセルにこういった機能を与えたい」という親御さんのために、各種別売りパーツも用意しています。

興味のある人はぜひこちらも購入していただき、不備のない完璧なランドセルで新生活のスタートを切りましょう。

1.メモ入れキーポケット付き時間割ポケット

時間割ポケット
時間割表を入れるための透明ポケットです。時間割以外にもプリントなどの収納にも役立ちます(イタリア製防水牛革プレミアム半カブセには使用不可)。

また時間割は池田屋ランドセルの公式ページ「時間割ダウンロード」からもダウンロード可能。デザインも豊富なので、お気に入りの時間割を選んで、毎日の学校生活を楽しみましょう。

値段:¥600(税込)

2.肩ピタパッド

肩ピタパッド
まだ新しいランドセルは革ベルトも少し硬いもの。革ベルトが肩に食い込んで痛いというお子さんのために、ランドセルに慣れるまでの期間用の肩ピタパッドを用意しました。

また汗蒸れ防止効果もあるので、汗っかきのお子さんにもおすすめです。メッシュ素材のため通気性が良く夏でも快適に背負えます。

値段:¥1,404(税込)

3.背中汗取りパッド

背中汗取りパッド
暑い夏など背中の汗や汗蒸れ、湿疹が気になって仕方がない!そんなお子さんのために開発されたのが池田屋ランドセル特性の背中汗取りパッドです。

通気性が高いため、猛暑日でも快適に背負えます。

値段:¥1,404(税込)

4.雨カバー EVA製(黄無地)

雨カバー
雨の日にランドセルを濡らしたくない!
傘からはみ出やすい後部を守る雨カバーです。
これで、教科書などの荷物を濡らさずに済みます。

値段:¥200(税込)

5.池田屋ランドセル専用 交通安全カブセカバー

交通安全カブセカバー
簡単に取り付けできる交通安全カブセカバー。
池田屋ランドセルのランドセルにぴったりのサイズです。
学校指定サイズが合わない場合にぜひ利用してください。

値段:¥1,620(税込)

6.横断バッグ

バッグ
防水ナイロン製の横断バッグ。
鮮やかな黄色いカラーが通行人の目を引きます。
目立つことで防犯効果があるだけでなく、大きめサイズなので収容力もバッチリ。
お子さんの安全・快適な登下校を守ります。

値段:¥2,160~2,570(税込)

別売りパーツに関しては、「池田屋ランドセルのラインナップと値段!今注目の鞄はコレだ!」にても一部紹介しています。興味のある方はぜひこちらも参考にしてください。

ランドセルの箱へのしまい方

せっかく購入した新しいランドセル。できれば6年間ずっとぴかぴかなままで使い通したいですよね。

そんな親御さんのために、正しいランドセルの保管方法を伝授。

できる限りランドセルに傷を付けたくない、汚したくないという人はぜひ参考にしてください。

  1. ランドセルのベルトが組んである場合は、いったんベルトを取り外します。
  2. ビニールのカバーをカブセに取り付けます。
  3. 2番目に長いボール紙をカブセと本体の間に挟んで閉じます。
  4. 1番長いボール紙をカブセの表面とビニールカバーの間に差し込みます。
  5. 下ベルトをギボシが下向きになるようにします。
  6. ナイロンループと背カンによるカブセへの押しあとを防ぐため、1番長いボール紙の先端を背カン部分へ差し込みます。
  7. 1番短いボール紙を、補強のために背カン部分へ差し込みます。
  8. 背負いベルトをカブセの方へ持ってきて、先端を下ベルトの輪の中に通して組みます。
  9. ギボシによる押しあとを防ぐため、ベルトを横にずらして固定しましょう。
  10. 袋かけによる押しあとを防ぐため、袋かけの下側(左右両側)にボール紙を貼り付けます。
  11. ランドセルの底の方から「こども思い」と書かれている紺色の袋に入れ、袋の口は折りたたんでカブセのすき間に入れ込み、固定します。
  12. 最後に袋ごと底の方から箱の中に入れ、保管しましょう。

まとめ

以上、池田屋ランドセルの付属品についてでした。

池田屋ランドセルでは、ランドセル購入者に上記のような付属品がつきます。本来なら、別売りで購入しなければならない物が無料でついてくるのは嬉しいですよね。

また別売りパーツも豊富です。購入したときの箱も保管用として利用できるので、可能であればぜひ取っておきましょう。

池田屋ランドセルの会社概要と歴史/老舗鞄業者の沿革